バンコクリピーターが教えたくない旅ネタブログ

タイ・バンコク渡航歴30回以上のリピーターが送る教えたくないタイ旅行のネタを書いていくブログです。タイのバンコクを中心に地方の記事やタイ旅行に役立つ小ネタや常識・ホテル情報などをどしどし書いていきます。

タイ76県の全県制覇の旅

タイには76県もあるんですね。日本は1府1道1都47県ですから50の県的なものがあるわけなのですが、タイは日本の1.5倍もあるんですね。
ちなみに、日本の地方自治体の定義というのは、明文化されているのにいい加減で定義があってないようなもんです。皆さん知っていましたが?私は地域開発が専門で、官庁の仕事もしていたことがあるのですが、日本はやたら規則が多く、なんでもきちっとしているようですが、実は基本的な考え方や定義は役人が受験勉強で学んだ一番難しく、わかりにい言葉を使ってわからなくしているだけで、中身は何もないんです。ちゃんと調べると、呆れかえってしまいます。ちょっと、話はずれましたがタイの県の定義はどうなっているのでしょうか?確か、私が一番最初にタイを訪れた時は、74県だったと思うのですが、どういう成り行きで増殖していったのでしょうか?人口なのか?、政治的なものなのか、どなたか詳しい方がいたら書き込みお願いいたします。

さて、前置きが長くなりましたが私はタイの県を既に52県廻りましたが、皆さんは何県くらい廻りましたか?これから、タイの全県を北から各県の県庁所在地と主な観光スポット、観光に便利なホテルをさらっと、少しづつ紹介していきます。なるべく、たくさんの県を見て回るためには、周辺の観光地を諦めて、街中や街周辺の観光地を1つか2つに絞り、次の都市にバスで移動するのがコツですよ。それでは、まずは、タイの最北端の町、チェンライ県からご紹介していきましょう。

チェンライ県は、人口約120万人、面積が11,700平方キロメートルと人口、面積とも丁度秋田県くらいの規模なんですね。意外に大きいんですね。県庁所在地は、チェンライで人口は30万人です。チェンライの市内で気軽に楽しめる観光スポットは、ワット・ロンクンは郊外にある純白に輝く彫刻のように美しい寺院。チェンライの中心街から12㎞、車で20分程度です。
ワット・ロンクンという新進気鋭の芸術家がライフワークとして建設したもので、ギャラリーで作品を見ることもできるのですが、タイ人が本当に信心深い仏教徒なのかどうか疑ってしまうド派手さです。他にもワットはありますが、他のワットは他の都市で見る寺院とそれ程、変わりはありません。

tyerai1

tyenrai2

チェンライは、国境の街メーサイに行く拠点都市にもなっています。メーサイは、間近にミャンマーと国境を接するメーサイは、果物や乾物、宝石などを売りに来る商人たちで賑わう街で、普通の旅行者でも、ちょっとしたバックパッカー気分を味わえます。。市場には、食料品や衣料品といった生活必需品が並び、行き交う人々の活気があふれています。私は北海道に住んでいるのですが、辺境の街というと根室とか、稚内のイメージです。メーサイは、辺境の街でも、活気が全然違いかなり驚きました。

タイの国境ゲートで手続きをすれば、国境の小さな川、メーサイ川に架かる橋を渡ってミャンマーゲート、陸路で国境を越えてミャンマーのタチレクに行くことができます。 ただ、バスで1時間程かかり、バスも少ないためメーサイに行くなら、メーサイに一泊することをお勧めします。

mesai

チェンライのナイトライフですが、ホテルやパブでお酒を飲むか、ナイトマーケットで革製品を物色するなどくらいしかないです。ディーブな夜遊びのしたい方は、他の詳細なサイトでお探しください。タイの北端の街の夜の風情を味わいながら街やナイトマーケットをぶらつくのは、それは、それで、旅心をくすぐる心地よさがあります。

さて、チェンライのホテル事情ですが、街中のホテルは正直ショボいです。街から少し離れれば良いホテルもあるのですが、街の中心になるとワイアン イン ホテルくらいしか選択肢がないです。その他の、比較的市街地に近いチェンライのホテルはこちらをご参考ください。

ワイアン イン ホテル


口コミ評価 7.6
宿泊料金 4100円~



ほぼ街の中心部に位置し、市内観光するには、どこに行くにも利便性の高いワイアン イン ホテルは、チェンライ市内では長い歴史のあるホテルです。ホテルは、タイの地方都市のローカル色強い中級ホテルといった感じです。ホテル周辺には、日本料理屋、寂れたナイトエリア、ナイトマーケットなども近く、非常に便利です。

部屋は、スペリア―で36㎡とかなり広く、一昔前のゴージャスなデザインですが、ゆったりと快適に過ごせます。この広さで朝食までついていて4100円ですから、地方都市のホテルは天国ですよね。特に素晴らしいホテルではありませんが、部屋が広く、利便性が良い、一人旅、友達同士の旅、ファミリーなど、様々な層におすすめのホテルです。チェンライ市内の観光拠点としては、うってつけのおすすめホテルです。

wiang-inn-hotel1

wiang-inn-hotel2

wiang-inn-hotel3

wiang-inn-hotel4

wiang-inn-hotel5

wiang-inn-hotel6

wiang-inn-hotel7

wiang-inn-hotel8




1 Comment

  1. 匿名

    細かいことですが、1都1道2府43県で合計47ですね^^

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。